株式会社Libry

日本初!スマホ向けデジタル問題集「Libry(リブリー)」 全国複数の高等学校で学校採用教材として正式導入

株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)が2019年3月にリリースした、スマートフォン版中高生向け学習プラットフォーム「Libry(リブリー、以下リブリー)」が、全国複数の高等学校に正式導入されました。トライアルでの導入も含めると、数十校にのぼります。

出版社の発行する教科書や問題集を電子書籍化したスマートフォン向け学習アプリの、学校での正式導入は日本初※となります。

「リブリー」は、既存の問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいて最適な問題を提示する「君だけの問題集」です。2017 年にタブレット版をリリースしましたが、さらに携帯性を高め、学習機会を増加させるため、2019 年 3 月にスマートフォン版をリリースしました。学校でのスマートフォン活用は、東京都が 2020 年度から東京都立高校において個人のスマートフォンを授業で活用する方針を打ち出し、現在モデル校での実証実験を進めるなど、関心が高まっています。

※2019年5月9日現在、Libry調べ。


プレスリリースPDFはこちら