株式会社Libry

リブリー、EdTech導入補助金の実証校・自治体を募集開始

スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」を開発、提供する株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠、以下弊社)は、EdTech導入補助金の実証校・自治体の募集を開始しました。弊社とともに補助金交付対象に選ばれた場合、費用負担なく「リブリー」を導入いただけます。

スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができる「デジタル教科書・教材」です。先生向けには、「リブリー」の学習履歴の確認や宿題の配信・回収・集計ができる管理ツールを用意しています。現在、リブリーの書籍ラインナップは120冊を超え、500以上の中学校・高等学校に提供されています。

EdTech導入補助金は、EdTechソフトウェアやサービスを学校現場に提供する事業者に対してその経費を補助することで、自治体や学校の費用負担なく、児童生徒たちがEdTechに触れる環境の整備を実現するものです。学校現場にて使用される、学習の効率化・高度化等に資するEdTechソフトウェアが導入実証の対象となります。学校等設置者に、本年度の導入実証に係る経費負担は基本的に発生しません(※電気料・通信料や端末購入費等は除きます)。

EdTech導入補助金の申請は、EdTech事業者が行います。応募申請期間は2020年4月上旬からで、6月上旬の採択決定後、7月下旬までに交付申請を行い、交付決定後にサービスを導入できます。

EdTech導入補助金の詳細については、EdTech導入補助金のポータルサイトをご覧ください。
EdTech導入補助金ポータルサイト

弊社はEdTechサービスを提供する事業者として、EdTech導入補助金の実証校・自治体の募集を開始しました。「リブリー」は端末の種類を問わずご利用いただけるので、PC・タブレットが1人1台整備されている学校はもちろん、整備されていない学校でも、生徒のスマホでお使いいただくことができます。この補助金交付対象に選ばれれば、「リブリー」を無料で導入できるので、「PC・タブレットの整備は進んでいないけれど、EdTechサービスを使ってみたい」、「使い慣れた教材で生徒が個別最適化学習できるようにしたい」という学校関係者の皆さまに、ぜひご応募いただければと思います。

募集対象と応募方法は下記の通りです。
□募集対象
すべての中学校・高等学校
すべての自治体
□応募方法
下記Webサイトよりお問い合わせください。
リブリー GIGA特設ページ
※状況によってはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

■プレスリリースPDFはこちら